審査で問われる属性スコアリング

消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンなどを利用したいと思ったら、まずは金融機関に申し込み手続きをすることになります。しかし、審査に通らなければ借り入れはできません。何しろ金融機関もビジネスとしてお金を貸すのですから、審査は絶対に省くわけにはいかないのです。
ところでその審査においては、申し込み者の属性が大きく問われます。属性というのは、その人の数ある個人情報のうちで、経済力や信用力に関する情報のことです。つまり、金融機関が「この人にお金を貸しても大丈夫だろうか」ということを調べるために必要とされる情報のことです。そしてその属性を点数化したものこそが、属性スコアリングなのです。
結論を言うなら、カードローン申請などでは属性スコアリングが低い人ほど借り入れは難しくなり、高い人ほど借り入れは可能となり、しかも利用限度額も大きめに設定してもらえるのです。これは、どんな種類の金融機関にも共通していることです。

審査では個人信用情報にも要注意

キャッシングやカードローン審査で重要となるのは、属性スコアリングだけではありません。実は、それ以上に重要とされる大きなポイントがあるのです。それが、個人信用情報です。それは、金融機関などの与信業務を行う業者が申し込み者の返済能力を判断するための情報のことです。金融機関は、しかるべき信用情報機関を利用して、それを入手することができるのです。
具体的には過去から現在までの他社からの借り入れ状況に関する情報ですが、本人識別情報や金融事故に関する情報なども含まれます。そしてカードローン審査において特に重要なのが、金融事故です。もしも遅延や延滞が多いと、金融機関からの信用はがた落ちになります。すると当然、借り入れには不利になります。
また、過去に金融機関からの借金を踏み倒したような悪質なトラブルがある人は、事実上、借り入れは不可能となってしまうと考えられます。それゆえ、もしも本気でカードローンを利用したいなら、金融事故だけは起こさないように注意すべきです。